探検!日本の歴史

趣味で調べた戦国から江戸時代の大名、城、藩、旗本などについて書いていきます。

管領細川家とその一族

こんにちは、勘矢です。
今回は室町幕府管領細川家とその一族について調べたことをまとめました。
 
 

1. 細川家とは

 細川氏は足利氏の一族で、足利義康の曾孫義季が三河守護足利義氏にしたがって三河国額田郡細川郷(愛知県岡崎市)に移り、細川氏を称したことにはじまります。
 鎌倉時代は幕府の御家人となりました。足利尊氏が挙兵するとそれに従い、室町幕府が成立すると一族で八か国の守護をつとめました。
 清氏は二代将軍足利義詮によって幕府の執事に抜擢されましたが、のちに追放されて南朝に付きました。清氏の従兄弟頼之は清氏を追討し、新たに細川氏の惣領となりました。その後、管領となり三代将軍足利義満を補佐しました。
 頼之の跡を弟の頼元が継ぎ、右京大夫唐名から京兆家と呼ばれました。子孫は摂津・丹波・讃岐・土佐の四か国の守護を世襲し、管領をつとめました。斯波氏、畠山氏とともに三管領と称されます。
 持之は六代将軍足利義教の代に管領となりましたが、義教の専制を抑えられませんでした。嘉吉の乱で義教が赤松満祐に殺されると幼少の足利義勝を七代将軍として、満祐を討ちました。
 勝元は三度管領に就任しました。山名宗全との対立や斯波家や畠山家の相続問題などから応仁の乱が起こると東軍の総大将をつとめましたが、その最中に病死しました。
 政元は十代将軍足利義材(のち義稙)を将軍の座から追い落とし、従弟の義澄を十一代将軍に就けて幕府の実権を握り、半将軍と呼ばれました。政元は妻を娶らなかったため、公家の九条家から澄之、阿波守護家から澄元、野州家から高国と3人の養子を取りました。しかし、家督をめぐる内紛が起こって衰退しました。
 高国は政元が追い落とした義稙(義材)を再度将軍に就けて管領となりました。その後、義稙と対立すると、前将軍義澄の子義晴を十二代将軍に就けるものの、澄元の子晴元らに攻められ自刃しました。
 晴元は家臣の三好長慶と対立して敗れました。三好長慶は氏綱を擁立して京兆家を継がせるも実権はありませんでした。
 晴元の子昭元は織田信長に属すも、豊臣秀吉によって追放され、子孫は陸奥三春藩秋田家の家臣として続きました。
 阿波守護家や和泉上守護家などの庶流が多くありました。江戸時代に肥後熊本藩主をつとめた細川氏は、和泉上守護家の藤孝の子孫で、常陸谷田部藩、肥後宇土藩、熊本新田藩の分家がありました。
 

f:id:SGM335:20200404181513p:plain

細川氏系図(戦国期まで)
 
 

2. 細川一族

(1) 管領家(京兆家)

細川 頼春(よりはる)【1299~1352】
 細川公頼の子。侍所頭人引付頭人となりました。南朝方の戦いで戦死しました。享年54。
 
細川 頼之(よりゆき)【1329~1392】
 細川頼春の子。管領となり足利義満を補佐しました。その後失脚し、晩年に復帰すると、明徳の乱の鎮定につくしました。享年64。
 
細川 頼元(よりもと)【1343~1397】
 細川頼春の子。兄頼之の養嗣子となりました。摂津守護、管領となりました。明徳の乱のあとに丹波守護となりました。享年55。
 
細川 満元(みつもと)【1378~1426】
 細川頼元の子。摂津・丹波などの守護。管領となりました。享年49。
 
細川 持之(もちゆき)【1400~1442】
 細川満元の子。兄持元の早世により家督を継ぎ、その後管領となりました。享年49。
 
細川 勝元(かつもと)【1430~1473】
 細川持之の子。三度管領となりました。応仁の乱では東軍の総大将となりました。享年44。
 
細川 政元(まさもと)【1466~1507】
 細川勝元の子。足利義澄を擁立して管領となりました。養子の細川澄之と澄元の家督争いで、澄之派によって暗殺されました。享年42。
 
細川 澄之(すみゆき)【1489~1507】
 五摂家九条政基の子。細川政元の養子。丹波守護。重臣の香西元長らが養父の政元を暗殺後に家督相続するも、細川高国らに攻めれれて自刃しました。享年19。
 
細川 澄元(すみもと)【1489~1520】
 阿波守護家の細川義春の子。細川政元の養子。摂津守護。養父政元を暗殺して家督を継いだ澄之を高国らと滅ぼし、実権を握りました。その後高国と対立するも敗れて阿波に敗走し、病没しました。享年32。
 
細川 高国(たかくに)【1484~1531】
 野州家の細川政春の子。細川政元の養子。同じ養子の澄之を滅ぼし、澄元を追放して、前将軍の足利義稙を将軍に復帰させて管領となりました。前将軍義澄の子義晴を新将軍にするも細川晴元らに攻められて自刃しました。享年48。
 
細川 晴元(はるもと)【1514~1563】
 細川澄元の子。阿波の三好元長の支援のもと和泉国堺に上陸し、畿内の支配をすすめました。細川高国を滅ぼすと細川家の惣領となりました。その後、三好元長を滅ぼしますが、一向一揆によって堺を追われて淡路に逃れました。淡路から摂津に上陸し、芥川城を拠点にして畿内を支配し、その後管領となりました。しかし、元長の子長慶に敗れて、前将軍足利義晴、将軍足利義輝とともに近江国に逃れました。享年50。
 
細川 氏綱(うじつな)【?~1563】
 典厩家の細川尹賢の子。細川高国の養子。細川晴元の家臣三好長慶と戦い敗れるも、5年後に長慶と結び晴元を京都から追い、室町幕府最後の管領となりました。
 
細川 昭元(あきもと)【1548~1592】
 細川晴元の子。名はのちに信良。足利義昭に重用され、のちに織田信長に仕えて、丹波国において2郡与えれ、信長の妹お犬と結婚しました。享年45。
 
 

(2) 阿波守護家

 細川頼春の子詮春が祖。詮春の子義之が阿波守護になって以後、代々阿波守護を世襲し、下屋形家とも呼ばれました。持常は六代将軍足利義教の命で一色氏を討ち三河守護を兼ねました。養子の成之は阿波守護と三河守護を継ぎましたが、のちに三河守護から外れました。
 持隆は阿波守護となり、足利義維を将軍にするため上洛をはかるも、三好実休に殺されました。その子真之は、父を殺害した三好実休に擁立されて阿波守護となりましたが、三好氏と対立して滅ぼされました。
 

f:id:SGM335:20200404182002p:plain

細川氏【阿波守護家】略系図
 
 

(3) 和泉上守護家

 細川頼春の子頼有が祖。頼有は備後守護をつとめました。頼長は土佐守護をつとめたのち、和泉守護となって以降代々和泉守護をつとめた。
 持有・教春親子は、赤松満祐征伐のときに軍功がありました。常有は応仁の乱に東軍として戦いました。
 その後、政有、元有と続き、元常の頃には、所領のほとんどが三好一族に押領され、わずかに山城国西岡の地を領するのみでした。将軍足利義晴の命により甥の藤孝(三淵晴員の子)を養子に迎えました。
 藤孝は幕臣として足利義輝に仕え、義輝が三好三人衆に討たれると、その弟義昭を救出し、将軍とするために尽力しました。織田信長が義昭を奉じて上洛すると再度幕臣となりました。義昭が信長に追放されると信長の家臣となりました。
 
三淵氏についてはこちらをご覧ください。

f:id:SGM335:20200404182329p:plain

細川氏【和泉上守護家】略系図
 
 

(4) 野州

 管領細川頼元の子満国が祖。その後、持春、教春、政春、晴国、通政、通薫、元通と続き、子孫は長門府中藩士となりました。
 政春の子高国は、京兆家の細川政元の養子となりました。
 

f:id:SGM335:20200404183120p:plain

細川氏野州家】略系図
 
 

(5) 典厩家

 管領細川満元の子持賢が祖。代々右馬頭となり、その唐名から典厩家と呼ばれました。持賢は摂津中島郡の分郡守護となりました。
 政国は、持賢の従兄弟で野州家の細川持春の子。細川勝元の死後、政元の後見をしました。摂津西成郡の分郡守護
 政賢は、政国の子とも養子ともいわれる。摂津西成郡の分郡守護。細川澄元に従って細川高国と戦い戦死しました。
 澄賢は摂津西成郡の分郡守護。その子晴賢は三好長慶に敗れて近江国に逃れました。
 晴賢の従兄弟藤賢が三好氏の推挙で典厩家を継ぎましたが、やがて改易されました。子孫は加賀金沢藩士となりました。
 

f:id:SGM335:20200404183307p:plain

細川氏【典厩家】略系図
 
 

(6) 備中守護家

 細川頼春の子、細川満之が備中守護となったのが祖。満之のあとは、頼重、氏久、勝久と続きました。その後、野州家の政春(細川高国の実父)が備中守護となるも断絶しました。
 

f:id:SGM335:20200404183450p:plain

細川氏【備中守護家】略系図
 
 

(7) 和泉下守護家

 備中守護の細川満之の子基之が和泉半国守護となったのが祖。和泉半国守護は地域の分割はなく、一国を上守護家と共同統治しました。基之のあとは、持久、勝信、政久、九郎と守護をつとめました。しかし、九郎が摂津国で戦死し滅亡しました。
 

f:id:SGM335:20200404183534p:plain

細川氏【和泉下守護家】略系図
 
 

(8) 淡路守護家

 細川師氏が淡路守護となったのが祖。師氏のあとは、氏春、満春、満俊、持親、成春、尚春と代々淡路守護をつとめました。氏春は南朝にくだった従兄弟の細川清氏とともに讃岐にわたり細川頼之と戦うが、その後幕府に帰順しました。成春は足利義政の御供衆をつとめました。尚春のときに阿波の三好之長に敗れて滅亡しました。
 

f:id:SGM335:20200404183618p:plain

細川氏【淡路守護家】略系図
 
 

(9) 奥州家

 細川顕氏の養子業氏(細川和氏の子)が祖。代々陸奥守となったため、奥州家と呼ばれました。
 業氏は和泉守護をつとめ、足利義満元服のときに理髪の役をつとめました。その後、評定頭人に任命されました。
 満経は引付頭人にとなりました。持経は引付頭人となり、足利義政元服のときに理髪の役をつとめました。成経も引付頭人となりました。
 晴経は足利義輝元服のときに理髪の役をつとめました。義輝が近江国の朽木谷に退避したときに従いました。輝経は義輝の御供衆でした。
 細川藤孝の長男忠興は、義輝の命により輝経の養子となって奥州家を継ぎました。
 

f:id:SGM335:20200404183702p:plain

細川氏【奥州家】略系図
 
 
参考文献:
 日本名字家系事典(東京堂出版
 日本史諸家系図人名事典(講談社
 名門・名家大辞典(東京堂出版
 最新版 角川新版 日本史辞典(角川学術出版)
 寛政重修諸家譜国立国会図書館デジタルコレクション
 NHK大河ドラマ 歴史ハンドブック 麒麟がくる 明智光秀とその時代(NHK出版)
 
それでは、今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございます。