探検!日本の歴史

趣味で調べた戦国から江戸時代の大名、城、藩、旗本などについて書いていきます。

医家 野間氏

こんにちは、勘矢です。
今回は医家の野間氏について調べたことをまとめました。
 
 

1. 医家 野間氏

 寛政重修諸家譜によると波多野義道の後裔の次郎左衛門宗善が尾張に住んで野間を称したのがはじまりという。
 宗善の子 宗安は織田信長に仕え、宗安の子 宗印は信長の弟織田信包に仕えました。
 宗印の子玄琢は、父と親しかった曲直瀬玄朔の門下に入って医道を学びました。1626年に上洛した二代将軍徳川秀忠に拝謁し、その命により江戸に至りました。その後、三代将軍徳川家光の上洛を契機に、江戸と京都を隔年で行き来するようになりました。1638年に東福門院(秀忠の娘 和子)の附属になって、幕府より廩米五百俵を賜りました。
 玄琢の子三竹は、歌学者の松永貞徳や儒学者の松永尺五父子から学問を学び、父より医業を学んだといいます。三竹も東福門院の附属となりました。三竹には、医学・儒学関係の著作が多くあります。
 三竹の孫三弥が早世したため家禄を納められましたが、三竹の弟成之に名跡相続を許され、廩米二百俵を賜りました。
 

f:id:SGM335:20200620145138p:plain

医家 野間氏 略系図
 

2. 医家 野間氏の当主

(寛政年間までの当主)
初代 野間 玄琢(げんたく)【1590~1645】
 野間宗印の長男。名は成岑(せいいん)。
 1610年(21)に法橋となり、しばしば禁裏への診察を行いました。1617年(28)に法眼となり、1620年(31)に寿昌院と号し、1623年(34)に法印に叙せられました。1626年(37)に二代将軍徳川秀忠に拝謁し、それ以降江戸と京都を行き来しました。1638年(49)に東福門院の附属となって、廩米五百俵を賜りました。享年56。
 妻は神崎某の娘。
 
二代 野間 三竹(さんちく)【1608~1676】
 野間成岑の長男、母は神崎某の娘。名は成大(せいだい)。
 1636年(29)に法橋、1638年(31)に法眼へと進みました。1640年(33)に奥医となって東福門院に附属となり、隔年で江戸と京都を行き来しました。
 1646年に39歳で相続しました。1668年(61)に法印に叙せられました。享年69。
 妻は宇都宮藩主本多正純の世子 本多正勝の娘。
 
三代 野間 成良(せいりょう)【1657~1689】
 野間成大の長男、母は本多正勝の娘。
 1676年に20歳で相続し、寄合となって京都と江戸を隔年で行き来しました。享年33。
 
四代 野間 三弥【1680~1690】
 美濃下笠の代官 石原正利の二男、母は美濃大垣藩主 戸田氏西の養女。三弥の母方の大叔父の妻が先代成良の姉。
 1690年にわずか11歳で相続し、寄合となって京都に住むが、同年に早世しました。享年11。
 
美濃大垣藩についてはこちらもご覧ください。
 
五代 野間 成之(せいし)【1627~1704】
 野間成岑の二男、母は神崎某の娘。
 1646年(20)に三代将軍徳川家光に拝謁し、のちに美濃大垣藩 戸田氏定の元にいました。
 1690年(64)に召されて名跡を相続し、廩米二百俵を賜り、寄合に列しました。1695年に69歳で隠居しました。享年78。
 
六代 野間 成恭(せいきょう)【1678~1736】
 長谷川氏の子。
 1695年に18歳で相続しました。1698年(21)に番医となりました。享年59。
 妻は旗本 土屋知治の娘。
 
七代 野間 成育(せいいく)【1706~1776】
 奥山氏の子。
 1736年に31歳で相続し、寄合に列しました。1742年(37)に番医となり、1755年(50)に番を辞職しました。1768年に63歳で隠居しました。享年71。
 妻は医家 吉田宗仲の娘(離婚)。
 
野間 成春(せいしゅん)
 野間成恭の長男。
 1755年に九代将軍徳川家重に拝謁し、1759年に逐電しました。
 妻は旗本 赤井忠芳の娘(離婚)。
 
八代 野間 成因(せいいん)【1747~?】
 野間成恭の二男、母は児玉氏。
 1768年に22歳で相続しました。1775年(29)に番医に列しました。1785年(39)に番を辞職し、1794年に48歳で隠居しました。
 妻は奥医 和田正直の娘。
 
九代 野間 成式(せいしき)【1773~?】
 旗本 野間正甫の三男、母は野間成育の娘。
 1794年に22歳で相続しました。。
 妻は野間成因の娘。後妻は旗本 大橋親號の娘、親號は成因の弟。
 
野間正甫の野間家については、こちらをご覧ください。
 
参考文献:
 寛政重修諸家譜国立国会図書館デジタルコレクション
 徳川幕臣人名辞典(東京堂出版
 
それでは、今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございます。